プライベートブランドの特徴とは

洋服

プライベートブランド、略称PBとは企業が一般向けに製造・販売しているナショナルブランドと大義する概念です。スーパーマーケットなどでは製造元の企業がお店まで商品を納入します。その時、輸送やコストの面で割高になることが多々あります。また、ナショナルブランドでは新製品も日々生み出されています。しかし、新製品は実際に売れるかどうかわかりません。お店側にとってはこの新製品が全く売れなかった場合、大きな損失が発生してしまうのです。プライベートブランドはそのような問題を解決するために導入されました。プライベートブランドはお店側が製造から輸送まですべてを行うので製造や輸送にかかる無駄な部分を減らすことができ、その分販売価格に還元することができます。また、プライベートブランドはたいてい実際に販売しているお店がよく売れる商品だけを厳選して製造しているため、損失が発生してしまう可能性を抑えることができます。

プライベートブランドが注目される理由

鞄

このようにお店側にとってもメリットがあるプライベートブランドですが最近では消費者の間でも注目が集まっています。その理由として3つの理由が考えられます。まず、第1に単純に価格が安いことが多いからです。ほとんどのプライベートブランドではナショナルブランドよりも値段を安く販売しています。そのためできるだけ食費を抑えたい主婦の間ではプライベートブランドでできるだけ食費を浮かせるように努力を行っています。2つ目の理由として、品質が保証されているという点です。ナショナルブランドの場合、製造者がわかっていても質が良くなかったということがよくあります。しかし、PBはお店自身が製造から輸送、販売まで自分たちで行っているため商品の品質が保証されています。中には生鮮食品を品質にこだわったプライベートブランドを展開しているチェーン店もあり、そのような商品はナショナルブランドよりも多少割高ながらも消費者から非常に人気があります。3つ目の理由として、一昔前と比べてプライベートブランドが非常においしくなったということが挙げられます。一昔前のプライベートブランドは価格は安くて味はそこそこという評価が一般的でした。しかし、現在では割高ながらも品質や味にこだわったプライベートブランドの展開や大手ナショナルブランドの工場に製造を委託するなどの工夫が行われた結果、値段が安くて美味しいプライベートブランドが増えてきています。

広告募集中